帰化が不許可になった場合

帰化申請が不許可になった場合、その通知には不許可の理由が記載されています。

しかし、帰化申請の不許可通知に記載されている不許可理由は漠然とした理由しか記載されておらず、具体的にどうすれば許可となったのかなどの具体的な記載は通常ありません。

帰化申請の不許可理由を解決するには、帰化を申請した法務局に面談を申し込み担当官に事情を聞いてみるといいでしょう。

場合によっては、その不許可理由を解決すし再申請することで、帰化の許可が得られる場合もあります。(帰化申請は何度でもできますので

不許可になるのは、 税金の未納や交通違反が多いという理由がほとんどですので、法務局の担当官の方に申請すべき時期などについてアドバイスをもらうといいでしょう。

自分では帰化の条件を全てクリアしていると思われるのに不許可になってしまい、どうしても不許可処分に納得がいかないという場合は、取消訴訟を提起するという方法もあります。

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ