行政書士に帰化申請を依頼するメリット

メリットその1
万が一、帰化申請が不許可になったどうしよう…という心配は不要になります

帰化申請に精通している専門の行政書士が対応するため、法務局で帰化相談をして難色を示された案件や他の行政書士事務所で断られた案件も多数許可に導いております。

餅は餅屋といいますが、ご自身で時間と労力をかけて不許可の可能性を心配するよりかは、初めから専門の行政書士に任せるのが得策なのではないでしょうか。

※ちなみに当事務所では、これまでの申請で不許可の事例はありません。

メリットその2
ご自身で全ての手続きをする場合に比べて、時間と労力を大幅に節約できます

帰化申請は、ご自身で書類の作成及び収集を行うこともできますが、提出する書類が非常に多く、複雑なものが多いため途中で断念される方が多いのが現実です。

なぜなら、帰化申請に関する有益な書籍がほとんどないため、法務局に相談だけで何度も足を運ぶ必要があり、ようやく書類が集まったかと思いきや、追加の書類の提示を求められるという繰り返しになります。(ちなみに法務局は平日の5時までしか空いていません)

その上、帰化申請にかかる時間が長引いてしまうと、結婚などで生活環境が変化したり、提出した書類の有効期限が切れたりとますます帰化申請は困難になります。

以上の行程を一般の方が繰り返すと最低50時間以上はかかると言われております。

※特に自営業者世帯の場合は税金関係をクリーンにしてから着手する必要があり、スケジュール管理が非常に重要となります。

弊社をご利用いただくと、書類の作成・収集・翻訳・法務局との折衝等全ての手続きを行うため、お客様は完全に手間いらずになります。

メリットその3
法律的に正しい申請をします

行政書士事務所の中には書類を偽造したり、事実をねつ造して帰化申請する事務所があります。このような事務所に依頼すると後日、違法行為がバレた時にはお客様にも重い処罰が科せられます。

弊社では違法な申請は一切しておりません。正攻法で帰化申請をしますので、お客様は日本国籍取得後も安心して日常生活を送っていただけます。

メリットその4
公私にわたりよきパートナーとしてお付き合いさせていただきます

無事に帰化の許可が下りた後も、現代社会は様々な法律知識が必要になってきます。
例えば、

  • サラリーマンを辞めて会社を設立したい
  • 離婚問題に直面している
  • 貸したお金が返ってこない
  • 遺言書を書きたいのだが
  • 相続が発生した

などなど、気軽に相談できる専門家がいるのは今後心強いのではないでしょうか。

弊社に帰化申請をご依頼された方は永年法務相談を無料で行っておりますので、ぜひ身近な街の法律家として当事務所をお使いください。

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ