韓国戸籍整理手続

在日韓国人の中には、韓国の戸籍がない方がいらっしゃいます。出生時に、韓国領事館に出生申告の届出を行わないと、韓国の戸籍に記載されないからです。

韓国の戸籍がないと、相続手続きを行うこともできませんし、パスポートも取得できません。そこで、戸籍を取得するため(戸籍に記載されるため)に、「戸籍整理」という手続きがあります。

この戸籍整理が必要な主なケースは下記の3種類です。

  • 朝鮮籍を韓国籍に変更する場合
  • 韓国のパスポートを取得したい場合
  • 相続手続きを行う場合

特に、相続手続きを行う場合に、戸籍がないと(戸籍に記載がないと)、戸籍に代わる多くの証明資料が必要となり、事前に戸籍整理を行なうよりも、かえって多くの時間と手間が掛かってしまいます。

帰化申請に関しましては、戸籍整理をしなくても(戸籍に自分の記載がない状態のまま)申請することは可能ですので、一度ご相談くださいませ。

主な戸籍整理の種類

就籍届 父母の戸籍がないため、まったく新しく戸籍を編成する
出生届 父母の戸籍はあるが、そこに、自分の出生の記録がないため、自分の身分事項を記載する
婚姻届 父母や自分の婚姻事項を戸籍に記載する
離婚届 父母や自分の離婚事項を戸籍に記載する
死亡届 親族の死亡を戸籍に記載する
国籍喪失届 韓国籍を離脱した旨を戸籍に記載する

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ